安楽寺本堂 あんらくじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中国・四国 

鳥取県
江戸/1805
木造平屋建、瓦葺、建築面積214㎡
1棟
鳥取県東伯郡湯梨浜町大字宇野876
登録年月日:20161129
登録有形文化財(建造物)

三方を丘陵に囲まれた集落に位置する真宗大谷派寺院。本堂は桁行一五メートルの典型的な真宗寺院本堂の形式を持つ。一方で、内部には異形の二手先組物を置いたり、向拝海老虹梁にエビを彫刻したりと、独創的な意匠を用いて、大工の技量が存分に発揮される。

作品所在地の地図

関連リンク

安楽寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

安楽寺山門及び塀
安楽寺経蔵
安楽寺鐘楼
長徳寺本堂
安楽寺本堂
ページトップへ