真鍋家住宅長屋門及び土塀 まなべけじゅうたくながやもんおよびどべい

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

香川県
明治/1868~1882/1882移築
長屋門 木造平屋建、瓦葺、建築面積110㎡ 土塀 瓦葺、延長17m
1棟
香川県高松市林町字宮西58-1
登録年月日:20170502
登録有形文化財(建造物)

敷地南面中央を画す長屋門とその西に続く土塀。長屋門は桁行一一間半、梁間二間半の規模で、入母屋造本瓦葺。中央に間口二・五メートルの両開大戸を設け、東に納屋二室、西に納屋と居室を配す。白漆喰の大壁に腰海鼠壁とする外観で、屋敷構えを象徴する建築。

作品所在地の地図

関連リンク

真鍋家住宅長屋門及び土塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真鍋家住宅納屋及び土塀
真鍋家住宅東門及び土塀
真鍋家住宅主屋
村尾家住宅長屋門
真鍋家住宅土塀
ページトップへ