銅造薬師如来坐像(懸仏化仏) 一躯 付木造薬師如来坐像 一躯 どうぞうやくしにょらいざぞう(かけぼとけけぶつ) いっく つけたりもくぞうやくしにょらいざぞう いっく

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 室町 / 関東 

不明
埼玉県
室町時代(付は江戸時代)
銅像は本来は懸仏の化仏であったが、鏡面は失われている(鋳造製)。木像は銅像を胎内に納めるために製作されたと推定され、底面がくりぬかれている。
銅像 高さ12.8cm   木像 高さ24.9cm
1躯
埼玉県比企郡嵐山町大字将軍沢308
嵐山町指定
指定年月日:20111216
有形文化財(美術工芸品)

木製中型の銘文にある弘法大師作や、本尊に腹籠したとされる文禄4年の年代は、両像の様式から見て事実を反映するものとは考えられない。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

銅造薬師如来坐像(懸仏化仏) 一躯 付木造薬師如来坐像 一躯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造薬師如来坐像
木造薬師如来坐像
琴石山心光寺の木像千手観音菩薩坐像 1躯<BR/>付 心光寺の保存の千手観音関連文書 6点
木造阿弥陀如来立像 及 木造薬師如来坐像  附 新原保存佛像碑
木造薬師如来坐像
ページトップへ