浄念寺の梵鐘 じょうねんじのぼんしょう

その他の画像全5枚中5枚表示

その他 / 江戸 / 中国・四国 

安尾彦左衛門尉正之
山口県
江戸時代初期/1647年
鋳銅製、全体に細身の流麗な形状を呈する。駒の爪の張り出しは大きいが厚みはない。下帯に唐草文を配し、唐草文は中央の桔梗文風の中央花紋から左右に唐草が派生する。草の間にも突…
鐘身高105.8㎝、駒の爪径63.8㎝、笠型径42.0㎝、 竜頭径21.0㎝、竜頭幅16.0㎝
1口
山口県宇部市大字棚井744番地
宇部市指定
指定年月日:20130523
浄念寺
有形文化財(美術工芸品)

年代的には江戸時代の作品であるが、中世後期の様式を色濃く留めている。長文の銘文を有することによって鋳物師の作風や、本鐘の鋳造背景などの詳細がわかる。鋳物師安尾正之の作品は、10鐘ほどが知られているが、その多くが戦時の供出により失われているため、本鐘の価値は高い。撞座下側の1カ所に鋳造時の鋳掛けが施されているが、全体としては鋳上がりのよい梵鐘である。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

浄念寺の梵鐘チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤郷八幡宮の梵鐘
赤郷八幡宮の梵鐘

治工郡司三汰尉藤原信政

梵鐘
梵鐘
梵鐘

沈文殊

梵鐘
銅鐘
銅鐘

和泉守経宏

ページトップへ