銅鰐口 どうわにぐち

その他 / 南北朝 / 中部 

未詳
南北朝時代/1360
 銅、鋳造。豊かな厚みをもった中型の鰐口。
 鼓面は豊かに盛り上がりを付けるが、直線的に厚みを増し、撞座内は平坦に近い。鼓面には内側から二条一組の隆帯を三組めぐらし、最…
高さ26.3㎝ 幅(目端)27.5㎝ 鼓面径24.5㎝
撞座径(内圏)9.7㎝ 厚11.3㎝ 側面幅7.2㎝
目の出1.4㎝ 耳幅4.4㎝
1口
福井県指定
指定年月日:20200804
宗教法人長源寺
有形文化財(美術工芸品)

(保存状態)
 総体におおむね良好であるが、鼓面表側の一部と裏側の撞座、唇の側面などに緑青を生じている。

関連リンク

銅鰐口チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明暦二年銘銅鰐口
銅鉦鼓 附 鉦架
銅鉦鼓
土屋神社所蔵鰐口(粟生田上村七所宮常住鰐口)
白牛頭天王神社鰐口
ページトップへ