銅鉦鼓 附 鉦架 どうしょうこ つけたり しょうか

その他の画像全6枚中6枚表示

金工 / 室町 / 中部 

愛知県
室町
本品は、念仏に用いる鉦鼓で、脚をもたず架台に懸垂(けんすい)する形式である。
銅、鋳造で、鼓面は中央(径12.5cm)が低く立ち上がり、外区に2条の細隆線がめぐる。鼓面の中央はわ…
(鉦鼓) 鼓面径20.8cm 口径23.1cm 側面厚6.0cm
唇厚1.2cm 耳幅5.9cm
(鉦架) 高42.3cm 笠幅45.8cm 脚幅51.5cm 奥行24.8cm
1口
岡崎市高隆寺町峠1
愛知県指定
指定年月日:20180824
宗教法人信光明寺
有形文化財(美術工芸品)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

銅鉦鼓 附 鉦架チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅鉦鼓
和楽器(鉦鼓 応仁元年銘 1口 附 鉦鼓台 1基、鞨鼓 1張 附 鞨鼓台 1基、太鼓 桴付 1張 附 太鼓台 1基)<BR/>
金銅釣灯籠
鉦鼓
鉦鼓

不明

銅造地蔵菩薩半跏像 附 台座、光背
ページトップへ