鉦鼓 しょうこ

その他の画像全8枚中8枚表示

金工 / 鎌倉 / 近畿 

不明
兵庫県
鎌倉/1314
鋳銅製。形状は上面がほぼ平らな円盤形を成し、側面は垂下して、底面の外周に丸みのある張り出しを設ける。撞(つき)座(ざ)の外周には縁辺部とその内側に幅0.5㎝ほどの圏帯を巡らす。側…
底径21.3㎝ 撞面径19.0cm 撞座径12.5cm 高 4.8cm
1口
兵庫県篠山市一印谷字池ノ下西坪194番地
兵庫県指定
指定年月日:20170314
有形文化財(美術工芸品)

本品には、昨年度に県指定となった中古瀬地区所有(加東市)の元徳3年(1331)銘の鉦鼓よりも17年遡る正和3年(1314)の銘が刻まれており、兵庫県下においては、浄土寺(小野市)に伝わる建久5年(1194)銘の鉦鼓に次いで2番目に古い銘を有する鉦鼓である。数少ない中世期の紀年銘を有する金工品であり、鋳造も優れ、仏具の変遷を考える上で重要な資料である。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

鉦鼓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和楽器(鉦鼓 応仁元年銘 1口 附 鉦鼓台 1基、鞨鼓 1張 附 鞨鼓台 1基、太鼓 桴付 1張 附 太鼓台 1基)<BR/>
銅鉦鼓 附 鉦架
鉦鼓
浄念寺の梵鐘
浄念寺の梵鐘

安尾彦左衛門尉正之

銅鉦鼓
ページトップへ