弘法大師御手印縁起 こうぼうだいしごしゅいんえんぎ

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代後期
紙本墨書
縦31.5cm,横426.8cm
1巻

 弘法大師御手印縁起とは、弘仁7年(816)太政官符・同年紀伊国符・高野山四至注文・高野山絵図・承和元年(834)空海遺告・同3年紀伊国判からなる古文書集で、太政官符と遺告に空海の手印が捺されていることから、御手印縁起と呼ばれているものである。本品では、さらに「遺告真然大徳等」が付属しており、末尾には天正17年(1589)4月21日の木食応其(1536~1608)の修理銘が記されている。また、高野山図は巻末に着色して描かれているが、文字情報は全く含まれていない。

作品所在地の地図

関連リンク

弘法大師御手印縁起チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御遺告
御遺告

空海

羽柴秀吉事書写
弘法大師二十五箇条遺告
弘法大師御勘文
高祖大師秘密縁起 巻七~巻十
ページトップへ