宮古市浄土が濱 みやこしじょうどがはま

油彩画 

名井萬亀 (1896(明治29)年-1976(昭和51)年)
ナイ・マキ
昭和48年/1973年
油彩・画布
112.0×162.8
1面

戦後、核兵器や公害など、見えにくい脅威を告発する作品を描き続けた名井だが、晩年は、さらに考えを進めている。作品からは、いがみあわない、争わない、いわば「許す」という気持ちが感じられるのだ。絶筆と思われる作品「宮古市浄土が濱」では、大雑把なタッチで来迎してくる神々や仏たちが描かれているが、どうやら一つの宗教ではないようだ。「昇天する人々に宗教の対立なんて必要ない」。そういう名井の声が聞こえてきそうな作品だ。
生涯、人間が心の内に持つ残虐性を告発し続けた名井が、最後の作品で人々の協調を描いたことには重要な意味が有るように思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

宮古市浄土が濱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

水着姿
水着姿

萬 鐵五郎

川ととうもろこし畑
男

萬 鐵五郎

春の山
春の山

小林和作

北市場
北市場

岡田謙三

ページトップへ