下村家住宅主屋 しもむらけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 近畿 

京都府
江戸/1751~1830/1868~1882増築
木造2階建、茅葺一部瓦葺、建築面積132㎡
1棟
京都府京都市伏見区醍醐落保町53
登録年月日:20111028
登録有形文化財(建造物)

醍醐道に北面して建つ。建築面積は132㎡。東西棟の入母屋造茅葺で、西側に切妻造桟瓦葺の座敷二室を落棟にして張り出す。内部は東側がもと土間で、西側に二列五室を並べ、仏間と次の間にトコなどを備える。醍醐寺門前の歴史的な景観を形成する。

作品所在地の地図

関連リンク

下村家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下村家住宅離れ
落柿舎
川中家住宅主屋
西尾家住宅主屋
石田家住宅主屋
ページトップへ