西塔院勧学講法則(金銀泥下絵料紙) さいとういんかんがくこうほっそく きんぎんでいしたえりょうし

文書・書籍 / 南北朝 / 中部 

愛知県
南北朝
彩箋墨書・巻子装
縦 33.0cm 全長 306.0cm
1巻
愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:20110627
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人徳川黎明会
国宝・重要文化財(美術品)

『比叡山西塔院勧学講法則』は、比叡山延暦寺西塔の釈迦堂において執行された勧学講の法則の次第を記したものであり、嘉元元年(1303)に始行された経緯も記され、仏教史上重要である。巻末の識語には、原本が朽損したため、能書として名高い尊円入道親王(1298~1356)が新たに書写したものとあり、楷書の優品として価値が高い。また、鎌倉時代末期から南北朝時代に用いられた金銀泥下絵のある装飾料紙を用いる遺品として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

西塔院勧学講法則(金銀泥下絵料紙)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松浦宮物語(色紙、金銀泥下絵料紙)
門葉記〈(寺領目録)/尊円親王筆〉
夜寝覚抜書(金銀泥下絵料紙)
松浦宮物語
私家集(色紙)
ページトップへ