脇差 銘 宝寿 わきざし めい ほうじゅ

その他 / 南北朝 / 東北 

岩手県
南北朝時代/1364
平造り。刃文は直刃で、地肌は板目肌、杢目肌、綾杉肌。彫り物は表裏に刀樋に添樋がつく
長さ32.0㎝、反り0.5㎝、元幅3.4㎝
1口
一関市厳美町字沖野々215番地1
一関市指定
指定年月日:20160728
有形文化財(美術工芸品)

寸延びの短刀である。身幅は広く、重ねは薄く、浅く反りのついた姿は南北朝時代の典型的な刀姿である。鍛えは大きめの板目、杢目に綾杉が交じり奥州物の特色がよく現れている。年紀の銘も貴重

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

脇差 銘 宝寿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘 宝寿
太刀 銘 舞草
刀 銘 月山正信作 永正二年八月吉
太刀 銘利恒
刀〈金象嵌銘備前国兼光(名物大兼光)/本阿弥(花押)〉
ページトップへ