太刀 銘備中国万寿庄住左兵衛尉恒次 元徳二年十月日  附 黒漆塗鞘打刀拵 延宝八年本阿弥光常折紙 たち めいびっちゅうこくますのしょうじゅうさひょうえのじょうつねつぐ げんとくにねんじゅうがつひ  つけたり くろうるしぬりさやうちがたなごしらえ えんぽうはちねんほん…

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 鎌倉 / 中国・四国 

恒次
岡山県
鎌倉/1330
鎬造、庵棟で、腰反り高く踏ん張りがあり中鋒である。地鉄は小板目よくつみ縮緬状になり、澄肌あらわれ、鎬寄りに乱れ映り立つ。刃文は中直刃に小沸つき、わずかに小足逆がかって入…
刃長73.2㎝、反り2.6㎝
1口 附1口 1通
岡山市北区丸の内2丁目3-15
岡山県指定
指定年月日:20200313
有形文化財(美術工芸品)

12代本阿弥光常による延宝8(1680)年7月3日、代金子5枚の折紙が付く。外装は黒漆塗鞘で、葵紋が付されている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

太刀 銘備中国万寿庄住左兵衛尉恒次 元徳二年十月日  附 黒漆塗鞘打刀拵 延宝八年本阿弥光常折紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘雲生 付黒塗鞘刀拵
太刀 銘波平行安
太刀 銘波平行安

波平行安

刀〈金象嵌銘備前国兼光(名物大兼光)/本阿弥(花押)〉
太刀〈銘安綱(名物童子切安綱)/〉
太刀〈銘備州長船兼光/延文三年二月日〉
ページトップへ