Bachiru

撥鏤

Details

Bachiru

撥鏤

その他

太田市指定
指定年月日:20110721

無形文化財(工芸技術)

文化財保持者である村松藤男(雅号:親月)氏は特に撥鏤の染色方法を重視し長年検討を重ね、染色方法の復元を行った。村松氏の作成した撥鏤作品と撥鏤染色過程サンプルは奈良国立博物館に寄贈され、同館の展示においてしばしば公開されるなど貴重な収蔵品となっている。

Related Works

Search items related to work chosen