元丹生大明神社大般若波羅蜜多経 もとにうだいみょうじんじゃだいはんにゃはらみたきょう

文書・書籍 / 平安  室町 / 近畿 

和歌山県
平安後期~室町
紙本墨書、折本装
巻第三百四十八
紙高:24.2cm 界高:19.9cm
天高: 2.0cm 地高: 2.3cm
界幅: 1.8cm

巻第五百三十二
紙高:23.4cm 界高:19.9cm
天高: 1.4cm 地高: 2.0cm
界幅: 1.8cm
2帖
和歌山県有田郡有田川町二川428
和歌山県指定
指定年月日:19990709
宗教法人 安楽寺
有形文化財(美術工芸品)

 元丹生大明神社大般若波羅蜜多経は、平安時代後期から室町時代にかけて整えられたもので、平成11年7月9日に398帖200巻が和歌山県指定文化財に指定された。
 今回、追加指定となった本2帖は、県内の個人の旧蔵文書に含まれていたもので、調査により、本経の欠本2帖に当たることが判明したものである。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

元丹生大明神社大般若波羅蜜多経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

貞元華厳経 <BR/>巻第四・巻第二十二・巻第二十三・巻第二十七<BR/>残欠<BR/>附 桐箱
大般若波羅蜜多経巻第四百八十四(小水麻呂願経)
大般若波羅蜜多経 巻第二百九十八 初分難聞功徳品 断簡
大般若経 巻第二十三(和銅五年長屋王願経)
大般若波羅蜜多経巻第五百二
ページトップへ