片岡家文書 かたおかけもんじょ

その他の画像全5枚中5枚表示

文書・書籍 / 安土・桃山  江戸  明治  大正  昭和以降 / 近畿 

天正初期から近代
 村方文書は、文禄3年(1594)の検地帳や慶長12年(1607)の免状など約1,900点を数える。豊臣家による地方支配の一端を示す史料も含まれており、招提の歴史を把握する上で極めて有用な情報で…
一括(7549点)
枚方市指定
指定年月日:20110901
有形文化財(美術工芸品)

 もっとも古いものとして天正初期のものと考えられる佐久間信盛書状が含まれている。
 また、17世紀中葉には、片岡家から幕領代官平野藤次郎の手代をつとめた者も輩出しており、その業務に伴う書状も含まれている。その他にも村役人としての家の経営や文化活動の動向を窺わせる資史料が豊富で、とりわけ近世初頭から近代に至るまで連続して残されている点が全体を通じての大きな特徴といえる。
 

関連リンク

片岡家文書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

星野家文書
今坊久保家文書
小早川家文書(三百六通)
鴫山菊池家文書(重山文書含む)
上杉家文書
ページトップへ