小原の五つ鹿踊り おばらのいつしかおどり

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 

西予市指定
指定年月日:20130729
無形民俗文化財

小原五つ鹿踊りは、愛媛県南予地方でも早くに宇和島から伝わったことが資料の上からも明らかである。鹿踊りの形態は、雄鹿(おんじし:踊り手4人)と雌鹿(めんじし:踊り手1人)からなり、これに警護2名がつく。5匹の鹿がとある美しい屋敷に庭に遊んでいるうちに、一番可愛い雌鹿が隠れて見えなくなり、4匹の雄鹿が探しめぐるという設定で、歌、踊り、太鼓が一体の拍子となって進められる。踊り歌は十五番まであり、古い節調を良く残している。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

小原の五つ鹿踊りチェックした作品をもとに関連する作品を探す

窪野の八つ鹿踊
鹿頭
小原の鹿踊(鹿面)
大瀬の太鼓踊
上羽太の天道念仏踊
ページトップへ