木造釈迦如来及両脇侍坐像 院吉、院広、院遵作 もくぞうしゃかにょらいおよびりょうきょうじざぞう いんきつ、いんこう、いんじゅんさく

その他の画像全3枚中3枚表示

木像 / 南北朝 / 中部 

南北朝/1352
3躯
重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:
方廣寺
国宝・重要文化財(美術品)

院吉を統率者とし両脇侍を院広・院遵が造った釈迦三尊像。院吉らは足利将軍家に重用され、各地の禅刹の造像で手がける中で中国風の仏像様式をつくりあげた。癖の強い面貌や強く屈曲する衣文線にはその典型的な特徴がうかがえる。

関連リンク

木造釈迦如来及両脇侍坐像 院吉、院広、院遵作チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造足利尊氏坐像
木造十大弟子立像
木造如意輪観音坐像
木造阿弥陀如来立像
羅漢寺石仏(石造釈迦如来及両脇侍坐像/石造梵天帝釈天倚像/石造四天王立像/石造日天月天立像/石造龍王立像/石造十大弟子立像/石造五百羅漢像/石造供養具〔以上無漏窟安置〕/石造五百羅漢像/石造竜頭)
ページトップへ