不動明王立像 ふどうみょうおうりゅうぞう

その他の画像全4枚中4枚表示

木像 / 平安 / 東北 

岩手県
平安後期ごろ
別添のとおり
別添のとおり
1体
一関市千厩町千厩字宮敷89番地
一関市指定
指定年月日:20150728
大光寺
有形文化財(美術工芸品)

不動明王は、大日如来の化身またはその忠実な使者とされ、降魔(ごうま)の智剣と羂索(けんさく、縄)、さらには背後に負う火焔光によって煩悩や魔障を撃退し、信者を擁護教導する頼もしい仏で、修行者や修験者の守り本尊として信仰される。本像はヒバ材か。寄木造り。彫眼。一木を意識しながらも彫りは浅く、内刳りを施すことから、制作年代は12世紀に遡るものと考えられ、県内に残存する数少ない平安後期の不動明王像として貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

不動明王立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

不動明王立像
久保 木造大日如来坐像、木造毘沙門天立像及び木造不動明王立像
木造毘沙門天立像
木造不動明王立像
不動明王立像
ページトップへ