屋須弘平の遺品 やすこうへいのいひん

その他の画像全7枚中7枚表示

歴史資料 / 江戸  明治  大正 / 東北 

屋須弘平ほか
岩手県
江戸・明治・大正/1867年ほか
別添目録のとおり
別添目録のとおり
156品目181点
岩手県一関市藤沢町藤沢字仁郷12番地5
一関市指定
指定年月日:20120629
一関市
有形文化財(美術工芸品)

 旧藤沢町(現一関市藤沢町)出身で、明治時代に中南米で通訳や写真家として活躍した屋須弘平の遺品156品目、181点。
 屋須弘平所有の辞典や地図帳、手記のほか、グアテマラで写真店を開業していた当時の写真撮影道具は貴重なものであり、グアテマラの大統領就任や1976年の大地震で壊滅した大聖堂の写真からはその撮影技術の高さが認められる。
 屋須弘平は日本近代外交史における人的交流の代表的な人物ともいわれ、その遺品は中南米との日本近代外交を考える上で貴重なものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

屋須弘平の遺品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

江川家関係写真
旧高橋家住宅 表門
旧高橋家住宅 金庫蔵
旧高橋家住宅 西板倉
不動明王立像
ページトップへ