宮處八幡宮末社護国神社本殿 みやどころはちまんぐうまっしゃごこくじんじゃほんでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

香川県
昭和前/1936/1947移築
木造平屋建、銅板葺、建築面積1.2㎡
1棟
香川県高松市前田西町字岡崎512
登録年月日:20131224
宗教法人宮處八幡宮
登録有形文化財(建造物)

拝殿手前の参道の西側に祀られる。一間社流造、銅板葺で、正面に千鳥破風を飾る。四手先の腰組で縁を受け、花樹を透彫した脇障子を隅行に振り、意匠を強調する。また妻飾の大瓶束には花頭枠状の笈形を付す。小規模ながら手の込んだ造作になる境内社である。

作品所在地の地図

関連リンク

宮處八幡宮末社護国神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宮處八幡宮本殿
大日孁神社本殿
今宮神社八幡社
栗原家住宅稲荷社及び石鳥居
瀧神社本殿
ページトップへ