Kasugajinjahonden

春日神社本殿

Details

Kasugajinjahonden

春日神社本殿

建造物 / 江戸 / 近畿

大阪府

江戸/1720

檜皮葺で妻入の二間社入母屋造、正面千鳥破風、向拝軒唐破風付きの2殿を相の間をとって南北に並べ、その間に棟をかけ、正面全体に庇を付けて連結した「比翼入母屋造」という珍しい…

高さ13.42m。正面梁行の柱間は全体で5間、本殿部分の柱間は3尺2間の等間とし、相の間も3尺である。側面の柱間は各4.9尺、向拝の出は3.9尺である。

1棟

大阪府東大阪市吉田2-6-23

大阪府指定
指定年月日:20150403

宗教法人春日神社

有形文化財(建造物)

『示申録』には、寛文7年(1667)の表門と同10年(1670)の本殿普請の大工が額田村(ぬかたむら)の半右衛門と五兵衛であり、享保5年(1720)の本殿普請の大工が同村の藤原正氏半右衛門冨房であることを記す。また天保10年(1839)の修理においても正氏半右衛門の名が確認できる。これにより本神社の普請を、半右衛門の名を継ぐ同一の家系と思われる額田村の大工が長く担っていたことが判明する。

Related Works

Search items related to work chosen