男神社本殿 附末社若宮神社本殿 おのじんじゃほんでん つけたり まっしゃわかみやじんじゃほんでん

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸中期/1650年前後
五間社流造。建築当初は二間社2棟を相の間を介して連結していたが、文政5年(1882年)現在の姿に改修。向拝は浜縁を据え、中段長押を打ち、五間通しの木階五級を置く。身舎は円柱を立…
桁行5間(実寸約27尺3寸)、梁間2間(実寸約8尺4寸、向拝除く)、身舎高実寸約18尺4寸。大阪府内の五間社流造としては最大規模。
1棟 附1棟
大阪府泉南市男里3-1065
大阪府指定
指定年月日:20160405
有形文化財(建造物)

社殿と同時期に新鋳されたと考えられる慶安4年(1651年)銘の神鏡が3面保存されている。附の末社若宮神社本殿は、桁行・梁間とも1間の小社で、17世紀末~18世紀前期の建築。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

男神社本殿 附末社若宮神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

春日神社本殿・春日神社末社若宮八幡宮本殿(津田)
住吉大社末社五社本殿
八幡神社 本殿、幣殿、拝殿
高座神社本殿
玉祖神社本殿 附 棟札
ページトップへ