牛伏寺光明真言頌 ごふくじこうみょうしんごんしょう

 / 中部 

法印権大僧都宥快
長野県
室町時代/1409
紙本墨書、掛軸
1幅
長野県松本市大字内田2573番1
松本市指定
指定年月日:20150707
宗教法人牛伏寺
有形文化財(美術工芸品)

本作は、「光明真言」を含む「偈頌」の形態をとり、冒頭に「月輪(満月)」取り上げている。月輪は、その形が欠けることなく、その光が清浄なことから、密教では種々の象徴として用いられる。
本作は、本文と同筆で、「応永十六年十二月日 法印権大僧都宥快記之」とあり、まぎれもなく宥快の自筆本であり、65歳の筆と考えられる。

牛伏寺誌刊行会『牛伏寺誌歴史編』平成25年(第一部 第三章 書跡 古谷稔)

作品所在地の地図

関連リンク

牛伏寺光明真言頌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牛伏寺法華経断簡
牛伏寺四尊像
牛伏寺宋版大般若経
牛伏寺銅板線刻十一面観音御正体
牛伏寺銅伏鉦
ページトップへ