牛伏寺堂平 ごふくじどうだいら

その他の画像全2枚中2枚表示

社寺跡又は旧境内 / 中部 

長野県
堂平跡で人間の活動がみられはじめるのは、9世紀後半からである。遺物の時期と平坦面の配置を重ねると、標高が低い場所から高い場所へと移動しているように見える。複数の平坦面が…
長野県松本市大字内田2573番1
松本市指定
指定年月日:20150707
宗教法人牛伏寺
記念物

この平坦面は、礎石や石組以外には竪穴建物などの遺構が見られない。遺物の出土量も少なく、特殊な空間と言え、堂平という宗教空間の中心的な施設であったのかもしれない。
標高の低い場所では、9世紀後半から11世紀までの竪穴建物が検出され、煮炊具が多数出土している。これに対し、標高の高い場所では煮炊具は少なく、生活色が薄い。油煙が付着した燈明皿が多く、宗教色が感じられる。

牛伏寺誌刊行会『牛伏寺誌歴史編』平成25年(第二部 第一章 原始・古代  第三節 「牛伏寺堂平の発掘調査」原明芳)

作品所在地の地図

関連リンク

牛伏寺堂平チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牛伏寺銅伏鉦
牛伏寺ブナ林
牛伏寺銅板線刻十一面観音御正体
牛伏寺四尊像
牛伏寺法華経断簡
ページトップへ