月に梅図楽盃 つきにうめずらくはい

権利者:高岡市立博物館蔵

陶磁 / 富山県 

吉野文山 (1853~1937)
よしのぶんざん
富山県高岡市
大正初~昭和初期
陶土・盃・焼成,施釉(楽焼)
径5.1cm×高さ2.8cm,高台径2.0cm
1
高岡市立博物館
高岡市

 高岡市片原町で楽窯(文山窯)を築いた吉野文山による楽焼の盃である。
 胴から腰にかけて梅の花枝を表した陶土が貼り付けられて立体的に表されている。また、木の枝の先に月が描かれており、梅の蕾と花は白い釉薬で表現されている。高台脇には「文山」(小判型印・陰刻銘)が捺されている。

作品所在地の地図

関連リンク

月に梅図楽盃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉野文山作香合(達磨・白鳥)
吉野文山作《神馬記念盃》
景岸焼 大黒文中皿
景岸焼 大黒文中皿

篠田茂三郎

黒田焼 筏井竹の門絵付茶鉢
黒田焼 筏井竹の門絵付茶鉢

絵付:筏井竹の門

黒田焼 牡丹に鯉文色絵馬上盃
ページトップへ