越中瀬戸焼 飴釉窯変茶碗 えっちゅうせとやき あめゆうようへんちゃわん

権利者:高岡市立博物館蔵

陶磁 / 富山県 

内島北朗 (1893~1978)
うちじまほくろう
富山県高岡市
土・焼成,施釉
口径13.1cm×最大径13.5cm×高さ7.1cm
1
富山県高岡市古城1-5

 高岡市出身の陶芸家・内島北朗による越中瀬戸焼の茶碗である。
 高台とその周辺を除く全体が飴色を呈している。口縁部には、異なる色になっている部分もある。高台は削り込まれ、高台脇の釉がかかっていない部分には「越中セト」、円形の凹印「北朗」とある。

作品所在地の地図

関連リンク

越中瀬戸焼 飴釉窯変茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

越中瀬戸焼 褐釉おろし皿
志野茶碗
黒織部茶碗
蟹文陶皿
蟹文陶皿

村田吉生

書簡「自画像」
書簡「自画像」

筏井竹の門

ページトップへ