黒田焼 筏井竹の門絵付茶鉢 くろだやき いかだいたけのかどえつけちゃばち

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 大正 / 富山県 

絵付:筏井竹の門 (1871~1925年)
いかだいたけのかど
富山県高岡市
大正5年頃か/1916年頃か
陶土・茶鉢・焼成(陶器),施釉
口径17.7cm×高さ12.8cm,高台径6.7cm
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

 高岡ゆかりの俳人・俳画家の筏井竹の門の絵付が施された黒田焼の茶鉢である。黒田焼は射水焼とも呼ばれ、射水郡二塚村黒田(現高岡市二塚)の角太一(陶風)が始めた。本資料には黒田焼を示す印刻や墨書などは入っていない。
 絵付は黒一色で施され、胴から腰にかけて2匹の鹿が描かれている。見込には山と月の絵が描かれており、茶溜りには砂粒が露出し凹凸を作っている。
 高台は濃い茶色で、くびれのある形をしている。高台と鉢の間に隙間があるため、別に作った高台を鉢に接着したようである。高台脇には釉薬がかけられておらず、茶色の素地が露出している。
 腰には「○に杦」の号が記されている。これは『筏井竹の門作品集』(高岡西ロータリークラブ 社会奉仕委員会,1983)によると、明治44年~大正5年(1911~16)に竹の門が用いたものであり、黒田焼が作られた期間が大正5年頃~昭和3年(1916~28)のため、本資料の制作時期は大正5年頃と考えられる。
 全体に貫入がある。また、口縁や見込に釉薬の塗り残しが複数箇所ある。
 付属の収納木箱には、蓋表に「竹の門」の墨書がある。。
<参考>北日本新聞社編『富山大百科事典 電子版』(平成28年12月14日アクセス)

作品所在地の地図

関連リンク

黒田焼 筏井竹の門絵付茶鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松図
松図

筏井竹の門

俳句短冊「山吹の」ほか
大和路俳句
大和路俳句

山口花笠

俳句短冊「庵杉の」
俳句短冊「庵杉の」

筏井竹の門

小督の塚
小督の塚

筏井竹の門

ページトップへ