小田家文書(四十八通) おだけもんじょ(よんじゅうはっつう)

 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山 / 九州 

長崎県
鎌倉~桃山
紙本墨書
(省略)
1巻
長崎県対馬市厳原町今屋敷668-1
重文指定年月日:20120906
国宝指定年月日:
登録年月日:
長崎県
国宝・重要文化財(美術品)

本文書は、対馬与良郡大山の小田家に伝来した中世文書群である。少弐氏や対馬島主宗氏からの文書がほとんどである。内容としては、網による漁業、塩屋での製塩など対馬の海民の様相を伝えるとともに、高麗との交易関係などを具体的に伝える稀有な史料として、学術的価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

小田家文書(四十八通)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二階堂家文書(四百七十六通)
竹生島文書(三百十二通)
佐藤家文書(五十九通)
松浦山代家文書(六十六通)
対馬宗家関係資料
ページトップへ