相良家文書 さがらけもんじょ

その他の美術 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸 / 関東 

東京都
鎌倉~江戸
1253通、30巻、84冊、1帖/21舗
東京都港区三田2-15-45
重文指定年月日:19770611
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人慶應義塾
国宝・重要文化財(美術品)

相良家文書は旧人吉【ひとよし】藩主相良家に伝来した古文書類の総称で、寛元元年十二月廿三日関東下知【げち】状を上限として近世末期に至る一三八九点を存している。相良家はもと遠江榛原郡相良庄の住人で長頼の時に頼朝に仕え、建久九年人吉庄地頭職を得てのち西遷し、爾来南北朝内乱期を経て国人領主として発展し、近世大名となった。本文書はその歴史を具体的に伝え、惣領制、戦国家法などにみるべきもの多く、中世史研究上に価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

相良家文書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

皆川家文書(六十一通)
中条家文書
二階堂家文書(四百七十六通)
白河結城家文書
上杉家文書
ページトップへ