阿蘇家文書(三百四通) あそけもんじょ

その他の画像全10枚中10枚表示

その他の美術 / 平安  鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸 / 九州 

熊本県
平安~江戸
34巻
熊本県熊本市黒髪2-39-1
重文指定年月日:19870606
国宝指定年月日:
登録年月日:
国立大学法人熊本大学
国宝・重要文化財(美術品)

 阿蘇神社の旧大宮司家である阿蘇家に伝来したもので、現在は三十四巻に分装され、熊本大学附属図書館に保管されている。その内容は鎌倉、南北朝時代を中心に平安時代から江戸時代に至る三百四通からなっている。
 阿蘇家は平安時代後期頃に在地領主化し、鎌倉時代から南北朝時代にかけてその勢いは最も強くなったが、以後次第に衰え、天正十五年(一六一〇)秀吉の九州平定時に神領は没収され、大宮司職も廃された。しかし近世は加藤清正、細川氏から篤い信仰を得た。阿蘇神社は北条氏と関係が深く、その社領が一時得宗領でもあったため文書中には北条時政が阿蘇大宮司職に阿蘇惟次を補した建久七年(一一九六)八月一日北条時政阿蘇大宮司職補任状を始め、北条氏発給の下文等が多数存する。また、南北朝時代の複雑な政治情勢のなかで阿蘇家の動向を明らかにする康永二年(一三四三)四月二十一日足利直義御教書や正平十六年(一三六一)五月二十五日征西将軍宮懐良親王令旨など足利氏、南朝関係等の文書がまとまっている。この外、阿蘇の社領が田地屋敷も含めて詳細に書き上げられた至徳二年(一三八五)八月七日阿蘇社領郷々注文など神社領の分析に必要な在地史料も豊富である。
 附の写本三十六冊は、天保七年(一八三六)に阿蘇家文書が火災にあう以前に転写されたもので、十九世紀に阿蘇惟馨が書写し、更に惟敦が一部編集した冊子本である。内容は第一国宣、第二鎌倉下文のように文書の種類によって類別されており、全部で千通以上を収めているが、その半数以上の文書は現存しないものである。
 以上のように、本文書は阿蘇社と阿蘇大宮司家及びその…

作品所在地の地図

関連リンク

阿蘇家文書(三百四通)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大友家文書
有光家文書
留守家文書(百七通)
長門国正吉郷入江塩浜絵図
比志島家文書(二百十六通)
ページトップへ