比志島家文書(二百十六通) ひしじまけもんじょ

その他の画像全4枚中4枚表示

その他の美術 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸 / 関東 

東京都
鎌倉時代~江戸時代
紙本墨書、巻子装
7巻
東京大学史料編纂所 東京都文京区本郷7-3-1
重文指定年月日:20080710
国宝指定年月日:
登録年月日:
国立大学法人東京大学
国宝・重要文化財(美術品)

比志島氏は、鎌倉時代の薩摩国御家人で、南北朝・室町時代には守護島津氏に従って成長し、江戸時代には摩藩の家老職などを勤めた。文書は鎌倉時代から南北朝時代の文書が半数以上で、鎌倉時代の所領の譲状や相論関係、京都・博多における軍役の負担、蒙古軍との合戦や南北朝時代の合戦関係に関わる文書が多く残る。九州における在地領主の動向や実態を知る上で貴重な武家文書である。

作品所在地の地図

関連リンク

比志島家文書(二百十六通)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二階堂家文書(四百七十六通)
島津家文書(一万五千百三十三通)
和田家文書(百四通)
阿蘇家文書(三百四通)
留守家文書(百七通)
ページトップへ