佐藤家文書(五十九通) さとうけもんじょ ごじゅうきゅうつう

その他の画像全5枚中5枚表示

文書・書籍 / 南北朝  室町  安土・桃山 / 近畿 

三重県
南北朝~安土桃山
紙本墨書・巻子装
8巻、1通
三重県津市垂水3032-18
重文指定年月日:20110627
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

本文書は、室町時代、伊勢国司北畠氏の家臣として知られる佐藤家に伝来した中世武家文書である。佐藤家は、陸奥国信夫庄(現福島県福島市付近)を本拠とした武士団で、南北朝時代には北朝方に属し、東国から畿内に至るまで転戦し、その後伊勢国一志郡(現三重県松阪市)に居を構えた。東国武士の動静を伝える史料として貴重であり、中世後期の伊勢地域の歴史を研究する上で欠くことのできない重要な史料である。

作品所在地の地図

関連リンク

佐藤家文書(五十九通)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白河結城家文書
留守家文書(百七通)
比志島家文書(二百十六通)
深堀家文書
小田家文書(四十八通)
ページトップへ