大槻能楽堂能舞台 おおつきのうがくどうのうぶたい

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 昭和以降 / 近畿 

大阪府
昭和前/1935
木造平屋建、檜皮葺、建築面積80㎡
1棟
大阪府大阪市中央区上町2-1他
登録年月日:20140425
公益財団法人大槻能楽堂
登録有形文化財(建造物)

能楽堂内に建つ能舞台。桁行梁間とも五・七メートル、切妻造妻入、檜皮葺で、右手に地謡座、背面に後座を設け、左手後方に橋掛が続く。舞台四方の頭貫上に中世風意匠の蟇股を置き、虹梁絵様や頭貫木鼻に華やかな渦紋を彫るなど、材工ともに質の高い能舞台。

作品所在地の地図

関連リンク

大槻能楽堂能舞台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山本能楽堂及び能舞台
今宮神社御旅所能舞台
代々木能舞台敷舞台及び座敷
本願寺北能舞台
代々木能舞台舞台・橋掛・鏡の間
ページトップへ