今宮神社御旅所能舞台 いまみやじんじゃおたびしょのうぶたい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

京都府
江戸/1795
木造平屋建、金属板葺、建築面積84㎡
1棟
京都府京都市上京区大宮頭今宮御旅所前西入若宮横町136
登録年月日:20180327
宗教法人 今宮神社
登録有形文化財(建造物)

神輿奉安殿の西隣に南面する。桁行梁間とも五・九メートル、入母屋造妻入で、背面に後座を設けて鏡板に松と竹を描き、東面軒下の切目縁を謡座とする。後座西端と鏡の間の間に橋掛を渡す。舞台背面に虹梁を架け、小組格天井を張る。近世能舞台の古例である。

作品所在地の地図

関連リンク

今宮神社御旅所能舞台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

今宮神社御旅所神輿奉安殿
今宮神社御旅所鏡の間
今宮神社御旅所権殿社
大槻能楽堂能舞台
代々木能舞台舞台・橋掛・鏡の間
ページトップへ