文化遺産オンライン

四天王寺聖霊院唐門

してんのうじしょうりょういんからもん

作品概要

四天王寺聖霊院唐門

してんのうじしょうりょういんからもん

宗教建築 / 江戸 / 近畿

大阪府

江戸/1808

木造平屋建、銅板葺、建築面積7.6㎡

1棟

大阪府大阪市天王寺区四天王寺一丁目

登録年月日:20220629

登録有形文化財(建造物)

寺域南東部に南面して建つ四脚門。切妻造で軒唐破風付、銅板葺は元は檜皮葺で、二軒繁垂木とする。桟唐戸、礎盤、粽柱など禅宗様の意匠と、蟇股等の精巧な彫刻で格式高く飾る。徳川家康を合祀した用明殿の正門として建築、本坊御成門を経て、現在地に至る。

関連作品

チェックした関連作品の検索