文化遺産オンライン

重掛け

じゅうかけ

概要

重掛け

じゅうかけ

民俗

絹,縮緬・刺繍,染色

1:紋(縦101.1cm×横110.7cm)
2:海老(縦71.0cm×横70.5cm)
3:七福神(縦77.0cm×横65.3cm)

3

富山県高岡市古城1-5

資料番号 2-09-15

高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

婚礼の後の挨拶回りに持って行く赤飯や餅、饅頭などを入れた重箱に掛ける、豪華な刺繍や家紋の入った重掛けである。
 【1】は灰色の絹地に白抜きで「丸に蔦」の家紋が入っている。
 【2】は緑の絹地に金糸を交えて大小2尾の海老と松を刺繍している。裏地は赤の縮緬。四隅に金色の房が付いている。
 【3】は宝船と七福神を刺繍している。裏地は赤の縮緬。四隅に黒の房が付いている。

重掛けをもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

高岡 / 番号 / 古城 / 富山

関連作品

チェックした関連作品の検索