天下第一の絶勝面河渓 てんかだいいちのぜっしょうおもごけい

その他の画像全2枚中2枚表示

絵図・地図 / 昭和以降 / 愛媛県 

吉田初三郎
よしだはつさぶろう
昭和以降/昭和10(1935)年
印刷折本
17.5cm×76.7cm
1点
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

面河渓は、石鎚山の南斜面に源を発する面河川がつくりだした渓谷。昭和8(1933)年、国指定の名勝に指定された。絵図には、両岸に70mもの絶壁をなす「関門」、白色の花崗岩、水の藍、苔の黒、藻と樹木の緑が豊かな色彩をなす「五色河原」、高さ110m、幅200mの大断崖「亀腹」などが描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

天下第一の絶勝面河渓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観光の南伊予
観光の南伊予

吉田初三郎

松山市鳥瞰図
松山市鳥瞰図

吉田初三郎

子安講本部香園寺図絵
松山道後名所図絵
松山道後名所図絵

吉田初三郎

石崎汽船航路御案内
石崎汽船航路御案内

吉田初三郎

ページトップへ