動力駆動のガラ紡機 どうりょくくどうのがらぼうき

その他 / 昭和以降 

臥雲 辰致 (1842-1900)
がうん ときむね
愛知県
昭和以降/1931
80×420×145
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
1873年発明
トヨタ産業技術記念館

1873年に信濃(現在の長野県)の臥雲辰致によって発明されました。綿の塊から直接糸を紡ぐ独特のしくみを持つ紡績機で、操作中に機械が“ガラガラ”と音を出すことから、ガラ紡と呼ばれました。発明当初は手回しでした。その後、下流では舟を浮かべて川の水流で水車を回す舟紡績が、上流では谷川の水流を使って水車を回すガラ紡績が始まりました。
展示機は、1931年に製作され、1993年まで豊田市のガラ紡績工場で使われていたものを復元、整備したものです。

関連リンク

動力駆動のガラ紡機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梳綿機(ローラーカード)
ウォータフレーム精紡機
ウォータフレーム精紡機

リチャード・
アークライト

自動ミュール精紡機
自動ミュール精紡機

リチャード・
ロバーツ

豊田式糸繰返機
豊田式糸繰返機

豊田 佐吉

横軸露出型水車タービン
ページトップへ