道外茶番膝くり毛 はこね どうがいちゃばん ひざくりげ はこね

版画 / 江戸 / 神奈川県 

初代歌川広重
嘉永初年頃/1848-1850
紙,木版多色刷
縦21.4cm 横28.6cm
1枚
箱根町立郷土資料館
浮世絵

箱根関所の関所改めの様子を描いた団扇絵です。旅人と、主に女性の身体を改める人見女、段上には2人の番士が描かれています。人見女の手には算盤、足下の手形の上には大福帳が置かれており、関所の取り調べも金次第と言わんばかりの風刺的な内容です。

作品所在地の地図

関連リンク

道外茶番膝くり毛 はこねチェックした作品をもとに関連する作品を探す

五十三次 箱根 とうじば
東海道箱根
東海道箱根

歌川芳盛

東海道十一 五十三次 箱根 夜中松明登り
東海道川つくし はこね谷川之図 温泉湯亭の図
双筆五十三次 箱根
双筆五十三次 箱根

三代歌川豊国・初代歌川広重

ページトップへ