小袖地ドレス こそでじどれす

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 明治 / 九州 

佐賀県
明治時代/1881~1887頃
江戸時代後期の武家階級の女性が着用した小袖地を転用して、後ろ腰を膨らませる着装で、19世紀後半に欧米で流行した“バッスル・スタイル”(bustle style)のドレスに仕立てたものであ…
ドレスの大きさは、上衣が胸囲88.0cm、胴囲56.0cm、前丈61.5cm、後丈64.0cm、袖丈40.5cm、スカートが胴囲60.0cm、前スカート丈98.0cm、後スカート丈146.0cm、裾囲316.0cmで、8枚構成からなる上衣は、胸…
1着
佐賀県佐賀市松原二丁目5-22
佐賀県指定
指定年月日:20190426
公益財団法人鍋島報效会
有形文化財(美術工芸品)

本作品の他に類型の小袖から作り直されたドレスとして、京都服飾文化研究財団(KCI)のドレス(1872年頃/イギリス製)とパリ市立衣装美術館のヴィジット(1880年頃/フランス)の2点が確認されているが、伝来が判明する上、他者へ渡ることなく旧大名である侯爵家に代々伝えられているのは本作品のみである。また、本作品は、昭和58年7月から昭和59年1月にかけて、修復のために大妻女子大学によって調査が行われ、その意匠や構成法の特色について考察が行われている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース
  • 徴古館

小袖地ドレスチェックした作品をもとに関連する作品を探す

デイドレス
婦人乗馬服
バッスル・ドレス
篤志看護婦人会制服
仮装舞踏服(ファンシーボール)
ページトップへ