豊後佐賀之関之真景 ぶんごさがのせきのしんけい

明治 / 大分県 

明治24年/1894
縦36×横45.4㎝
1枚

中央やや左に佐賀関の町が描かれ、中央やや右に小高い山が描かれている。この山は現在の地形に当てはめると、「遠見山」に比定することができ、この絵が東側(臼杵湾側)の蔦島あたりから見た景色であると推測できる。「真景」とあることから、実際の風景を描いたものであり、旧日本鉱業佐賀関精錬所(大正5年)が操業を開始し、急速に発展する前の佐賀関の様子を知ることができる貴重な資料。

作品所在地の地図

関連リンク

豊後佐賀之関之真景チェックした作品をもとに関連する作品を探す

諸国奇観
諸国奇観

川上藤兵衛正澄

台南風景
台南風景

藤島武二

絵葉書「高岡市電話交換開通紀念」
厳島・鞍馬図
錦絵「豊後鶴崎戦争」
ページトップへ