岸田遺跡出土品(第1次調査) きしだいせきしゅつどひん(だいいちじちょうさ)

その他の画像全2枚中2枚表示

金属製品類 / 弥生 / 九州 

福岡県
弥生時代中期
細形銅剣4点,中細形銅剣1点,細形銅矛3点,青銅製十字形把頭飾1点,鉄戈1点,硬玉製勾玉3点,緑色凝灰岩製管玉54点,甕棺10点,小壷2点
別紙参照
79点
福岡県福岡市博多区井相田二丁目1番94号
福岡市指定
指定年月日:20200323
福岡市
有形文化財(美術工芸品)

 福岡市教育委員会が土地改良事業に伴い福岡市早良区早良地内において平成21(2009)年から同22(2010)年にかけて実施した岸田遺跡第1次発掘調査で出土した。
 今回指定される出土遺物のうち,青銅製武器9点・鉄製武器1点・装身具57点は,すべて弥生時代中期初頭から中期後半にかけての甕棺墓5基もしくは木棺墓1基に副葬されていた。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

岸田遺跡出土品(第1次調査)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

筑前吉武遺跡出土品
立岩遺跡堀田甕棺群出土品
桜馬場遺跡出土遺物(平成19年度調査分)
大井戸八木遺跡出土の小銅鐸及び装飾品
福岡県田熊石畑遺跡出土品
ページトップへ