永住寺本堂 えいじゅうじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 中部 

愛知県
江戸/1697
木造平屋建、瓦葺、建築面積298㎡
1棟
愛知県新城市字裏野3
登録年月日:20191205
永住寺
登録有形文化財(建造物)

境内中央に南面して建つ、入母屋造桟瓦葺の本堂。2列6室平面で、後列中央を内陣とする。前面に畳敷広縁を通し、東面と西面を畳縁とする。内陣前の2柱と来迎柱は円柱で他は角柱である。広縁は元は縁と土間で書院に通じており、曹洞宗本堂の特徴を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

永住寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

永住寺禅堂
永住寺衆寮
龍泉寺本堂
専念寺本堂
医王寺本堂
ページトップへ