東京都利島村指定文化財 指定保存樹木 スダジイ 別名イメジイ、ナカジイ とうきょうととしまむらしていぶんかざい していほぞんじゅもく すだじい べつめい いめじい、なかじい

その他の画像全2枚中2枚表示

植物 / 関東 

東京都
幹周・樹高  幹周5、87m(地上1,3m)樹高 15m
東京都利島村字南山33号2433番3
利島村指定
指定年月日:20021001
宗教法人 阿豆佐和気命神社
記念物

スダジイは本州新潟県以南の日本各地、朝鮮半島に分布する常緑の高木でツブラジイとともに、普通は「シイ(椎)」と称され、20mいじょうの高木となる。タブノキとともに日本の常緑広葉樹林を代表する樹木です。樹皮は黒灰色で樹皮に縦の割れ目が入る。葉は互生し、長さ5~15cmの広楕円形~長楕円形、革質で、表面に光沢があり、全縁。基部は楔形で、先はとがる。葉の裏面には淡い褐色鱗状の毛があり、光沢がある。雌雄同株、雌雄異花で、5~6月頃黄色の花を開き強い香りを放ち、堅果(ドングリ)は秋に熟す。利島ではかつて材を船の骨組み、臼、鎌の柄、牛の鞍、神社の土台、家の柱などに利用し、実を食用にした。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

東京都利島村指定文化財 指定保存樹木 スダジイ 別名イメジイ、ナカジイチェックした作品をもとに関連する作品を探す

東京都利島村指定文化財 指定保存樹木  シマモクセイ  別名ハチジョウモクセイ
東京都利島村指定文化財 指定保存樹木  クロマツ 別名 オマツ
東京都利島村指定文化財 指定保存樹木 イブキ 別名 ビャクシン・イブキビャクシン
東京都利島村指定文化財 指定保存樹木 イヌマキ  別名 クサマキマキ
東京都利島村指定文化財 指定保存樹木 オオモミジ
ページトップへ