葛山落合神社拝殿 かつらやまおちあいじんじゃはいでん

その他の画像全5枚中5枚表示

建造物 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸後期/18世紀の建築遺構で1796年改修
・拝殿(木造・入母屋造・トタン葺)
・幣殿は撞木の形で取り付く一体構造の建物
・近世の社寺建築を伝える建造物
拝殿(間口5.5間、奥行3間)
1棟
長野県長野市入山字岩戸南沖4524
長野市指定
指定年月日:20200306
葛山落合神社
有形文化財(建造物)

神社の歴史では、松代藩真田の祈願所として、深い繋がりがあるとされ、松代藩6代藩主眞田幸弘の棟札が残る。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

葛山落合神社拝殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八櫛神社社殿(ブランド薬師)
葛山落合神社本殿
戸隠田頭の巌窟観音堂
高照神社 拝殿及び幣殿
象山神社拝殿・祝詞殿
ページトップへ