南方諏訪神社本殿 南方諏訪神社本殿

建造物 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸時代/1752
一間社流造 木造萱葺
本殿と幣殿(祝詞殿)と拝殿は一体となっている。本殿内部は、中央に結界を設け、丸柱を半割にした柱を左右に立て、両開き戸とし、手前を外陣、奥を内陣とし…
梁間1,515mm 桁行1,168mm
1棟
長野県松本市入山辺7511番地
松本市指定
指定年月日:20170329
有形文化財(建造物)

南方諏訪神社本殿は、宝暦2 年(1752)の再建であると推定され、江戸中期に建設された流造(茅葺)の神社本殿の好例であるといえる。松本の神社本殿において、同様の形式を伝える社殿は里山辺小松の八坂神社本殿(延享2 年(1744)再建・松本市重要文化財)だけであり、その建築的価値は高い。八坂神社本殿とは、社殿の形式だけでなく建築年代や建替時の大工なども類似しており、松本における神社本殿の発展を知るうえでの高い資料性を有している。高松頼品の制作による付木鼻(獅子・獏)も、彫物師の活動や技術的な交流を伝えており、資料性を高めている。

作品所在地の地図

関連リンク

南方諏訪神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八幡神社 末社亀齢社本殿
八幡神社 摂社若宮八幡宮本殿
諏訪大社下社 秋宮神楽殿
諏訪大社上社本宮 幣殿
諏訪大社下社 春宮幣拝殿
ページトップへ