文化遺産オンライン

諏訪神社本殿

すわじんじゃほんでん

概要

諏訪神社本殿

すわじんじゃほんでん

建造物 / 江戸 / 関東 / 埼玉県

埼玉県

江戸時代中期/1747

一間社流造、正面千鳥破風付、桧皮葺

1棟

熊谷市上新田227番地

埼玉県指定
指定年月日:20160315

宗教法人諏訪神社

有形文化財(建造物)

諏訪神社は、建御名方命を祭神とし、社伝によれば、延享3年(1746)に柴田信右衛門豊忠が施主となって創建したとされる。柴田家は、江戸時代に当地で代々村役人を務めたとされる旧家である。
建築年代については、延享3年の建立棟札の記録が残されているものの、その棟札自体は所在不明となっていた。しかし、近年、本殿屋根裏の棟木などから、建立年月日や施主、大工棟梁の名前を記した墨書が新たに発見された。その内容から、本殿は延享3年に、三ヶ尻村(現熊谷市)の大工棟梁内田清八郎らの手で建立され、上州花輪村(現群馬県みどり市)の石原吟八郎や江戸両国米沢町(現東京都中央区)の小沢五右衛門らが彫物大工棟梁となって彫刻を施したとする、建立棟札の記録が裏付けられた。内田清八郎や石原吟八郎は、妻沼の歓喜院聖天堂の建立にも携わった人物として知られている。

諏訪神社本殿をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

本殿 / 拝殿 / / 神社

関連作品

チェックした関連作品の検索