蘭蕙同芳図 らんけいどうほうず

絵画 / 南北朝 

玉畹梵芳筆
南北朝時代・14世紀
紙本墨画
1幅
重要文化財

 本図のように水墨で描いた蘭を墨蘭といい、中国・北宋末の文人が始めたものという。梵芳は建仁寺や南禅寺の住持を務めた名僧。文人風の生活を好み、墨蘭をよく描いた。その特徴は、蘭の葉のなす抽象的な曲線美にある。
ルビ:ぼくらん

作品所在地の地図

関連リンク

蘭蕙同芳図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本墨画蘭蕙同芳図〈梵芳筆/〉
紙本墨画四睡図
唐子遊図扇面・蘭図扇面
唐子遊図扇面・蘭図扇面

池大雅・池玉蘭筆

絹本墨画蓮池白鷺図
絹本著色竹塘宿雁図
ページトップへ