一行書「十暑岷山葛」 いちぎょうしょ じっしょびんざんのかつ

 / 江戸 

伊達政宗筆
江戸時代・17世紀
紙本墨書
1幅

杜甫の五言詩の一節を揮毫したもの。岷山(びんざん)は四川・甘粛両省の境の山で、葛衣(かつい)を着て十回の夏を過ごした意。「十」の用筆、「暑」「山」の斜画の鋭い線、「岷」の紙面全体を引締める最後の点などを好例として、彼の卓抜した技量と感性が看取される。

作品所在地の地図

関連リンク

一行書「十暑岷山葛」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一行書  「花開万国春」
五言律詩
五言律詩

三浦梅園筆

次伊達政宗征南詩韻
一行書「松無古今色」
一行書「得声不離門」
ページトップへ